2006年05月31日

南沙織復活!!デビュー35周年記念CD&DVDボックス発売

「シンシア プレミアム」のジャケット写真。南沙織自ら写真を選び、タイトルを直筆で書いた思い入れたっぷりの“1箱”だ1970年代に絶大な人気を誇ったアイドル歌手、南沙織(51)が6月14日に、デビュー35周年記念の22枚組CD&DVDボックスを発売する。オリジナルアルバム21枚を紙ジャケットで復刻し、275曲を完全網羅。DVDにはお宝映像が満載だ。現在は写真家、篠山紀信氏(65)の妻として、ほとんど表舞台に現れないが、自らボックスの監修を務め、ファン垂涎の大作を完成させた。



昭和46年に「17才」=写真下=でデビューして以来、健康的な小麦色の肌と長い黒髪で若い男性ファンを夢中にさせた南沙織の完全ボックスが発売される。

クリスチャンネームの“シンシア”の愛称で親しまれていたことから、タイトルはずばり「Cynthia Premium(シンシア・プレミアム)」(3万9800円)。オリジナルアルバム21枚とDVD1枚を収録したボリュームたっぷりの“1箱”だ。

南は「潮風のメロディ」「色づく街」「人恋しくて」など数々のヒットを飛ばし、53年に芸能界引退。翌54年に紀信氏と電撃結婚した。その間発売した19枚のアルバムは約20年前にレコードからCD化されたものの、5年前すべてが廃盤となり現在は入手困難に。発売元のソニーミュージックには復刻盤を望む声が数多く寄せられていた。

そこで同社はデビュー35周年の今年、全21枚のアルバムを紙ジャケットのCDで復刻させることを決定。南本人に監修を依頼し、制作に着手した。南はまず、シングルのB面曲などアルバム未収録曲を、時代に合わせて21枚のアルバムに振り分けてボーナストラックとして収録させた。

ブックレットには「ファーストアルバムからわずか2カ月後にはセカンドアルバム。なんて無茶な!!」といった具合に、自ら当時の自分に呼びかける形で解説書を1万語にわたり綴った。ボックスのジャケット写真も自ら選び、タイトルの「Cynthia Premium」も直筆だ。DVDには、本人が一番後世にして残してほしかった歌番組の映像から8曲を選んで収録した。

南は監修にあたり「歌手になりたいという夢を現実にしてくださった、たくさんの方々の顔が思いおこされます」と振り返り、「まばゆいばかりの青春に彩りを添えてくれた人たちに感謝の気持ちを伝えたい」とコメント。40〜50代の男性ファンから嬉しい悲鳴が聞こえてきそうで、30数年ぶりにシンシアブームが巻き起こりそうだ。

★14年ぶり活動
南は昭和53年12月の引退以来、芸能活動は平成3年大みそかのNHK「紅白歌合戦」と翌4年7月のフジテレビ「サウンド・アリーナ」に出演して熱唱した2度しか行っていない。今回の監修は、それ以来の活動といえる。今年4月に二男、篠山輝信=あきのぶ=(22)がミュージカル「ANGEL GATE」で俳優デビューした際、初日公演に夫の紀信氏とツーショットで観劇に訪れ、当時と変わらぬ美貌が話題となった。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/18625827

南沙織シンシア・プレミアムCDとDVD
Excerpt: 南沙織のデビュー35周年記念の CDとDVDボックス「シンシア・プレミアム」は、 オリジナルアルバム21枚を紙ジャケットで復刻し、 CDサイズのオールカラー写真集と DVDが付いたプレミアムボ..
Weblog: 及川的大人のブログ
Tracked: 2006-06-05 18:57


ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
スタジオ・ガイドアトラクションユニバーサル・スタジオ・ジャパンTMユニバーサル・ワンダー・ハロウィーン

営業カレンダーレストラン・ガイドショップ・ガイド

チケット購入アクセスガイドユニバーサル・スタジオ・ジャパン(グローブ)
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。